記事一覧

壊れていたバス停の屋根がきれいに修繕されました

昨年の九月議会で「公共交通をもっと使いやすくするための提案の一つ」として破損しているバス停の屋根の修繕を求め、市長も「指摘されたところは修繕する」と答弁していましたが、最近、国道2号線を自動車で走ったとき、要望していたバス停の屋根の修繕が終わって、きれいになっているのに気がつきました。 引く続き、できるだけ多くのバス停に屋根とベンチやイスが設置できるように要望していきたいと思っています。議会運営委...

続きを読む

「道徳」教科書の展示会に行ってみました

一昨年、文部科学省が小中学校の「道徳」を「特別の教科」とする学習指導要領改訂を行いました。小学校では平成30年度から、中学校では平成31年度から道徳が「教科」となり、子供たちは道徳にどう向き合ったか、内容を理解しているかなどを「評価」されることになります。どの教科書にも子供たちに教える内容として「善悪の判断」「正直・誠実」「親切・思いやり」などの項目と並んで「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度...

続きを読む

鹿野と熊毛での住民説明会に行ってみました

周南市は、人口減少・少子高齢化に対応し、持続可能なまちづくりを進めるとしており、関係する制度として立地適正化計画と地域公共交通網形成計画についての住民説明会を市内7会場で開きます。会場、日時等については六月一日付の広報しゅうなんにも載っています。 私は、「コンパクト・プラス・ネットワーク」について、コンパクトシティの中心拠点地域と周辺部の生活拠点地域とを結ぶ「ネットワーク」がどうなるのかという疑問...

続きを読む

新徳山駅ビルに音声案内を設置する予算を計上

6月議会に新徳山駅ビルと駐車場棟建設に関わる工事請負契約の一部を変更する議案が出されました。その中に誘導支援設備(音声案内)を設置することが追加して盛り込まれています。これは視覚障害者団体から市長との懇談の中で出されていた要望に応えたもので、私もこの要望が載った「ともしび」第45号を持って担当課にお願いに行きました。「BGMが流れるところでは音声案内は難しい」など、いろいろ検討されたようですが、市...

続きを読む

シンジカトウ・ワールド開会式に出席しました

六月九日、周南市美術博物館で『夢の世界』のデザイナー シンジカトウ・ワールドの開会式がありました。開会式のあいさつで、シンジカトウさんが「いつも楽しく仕事をしている。苦しんで仕事をすると見る人に苦しさが伝わってしまうから」と言われたことと会場内での「80年代から2010年代までその時代、時代にあったデザインを生み出しているコツは?」との質問に「スポンサーとの契約でする仕事も多いが、その時代に売れる...

続きを読む