記事一覧

「JR徳山駅前に仮交番の設置を」と申し入れ

今の駅ビルの解体工事から新しい駅ビルに建て替わるまでの建設工事期間中の駅前周辺の駐車場不足、路上駐車対策、治安対策について、市の担当課である中心市街地整備課の職員さんに何点か要望し、実情も聞きました。
送迎用の駐車場については警察との協議で、やっと3台分確保できたことや周辺の会社、営業所等にも協力を申し入れ御幸通りのパーキングが有効に使えるよう努力していることなどが話されました。
南北自由通路のエスカレーターの昇降口に送迎用の車が集中して混雑することについては、みなみ銀座の南側に整備中の道ができればそちらから入れるようになるので、改善されるのではないかとの話でした。
タクシー乗り場と一般の車両が通る道が一緒になっていて、路上駐車もあり、接触事故が心配との指摘には警察もパトロールカーでの巡回回数を増やすなどしている。路上駐車はしないよう注意喚起したいとのことでした。
新駅ビルが完成するのが平成29年度中の予定ということで、私から「2年以上も駅前に交番がないという状態はよくない。安全対策上も治安対策上も仮設の交番が必要ではないか?」と聞いたところ、事前の協議の中で仮交番を設置するという案もあったが、警察のほうで「新駅ビルができたらその中に交番を置くが、工事期間中は置かない」と判断された経緯があるとの説明でした。私の方から「協議の中で仮交番を置いたらどうかと検討された空き地もまだ残っているのだから、今からでも設置について要望したい。警察に直接申し入れなくてはだめか?」と聞くと、「要望があったことについては、市の方から警察に伝えます」との返事でした。
DSCN0282.jpg DSCN0274.jpg DSCN0277.jpg DSCN0289.jpg
狭い道路にタクシー乗り場と一般車両の通行が一緒にされているうえに、路上駐車もあって事故が心配(左下)。 事前の協議の中で仮交番の設置が検討されていた空き地(右下)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント