記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被爆者支援センター“ゆだ苑”に行ってきました

広島と長崎で開かれる原水爆禁止世界大会に連帯して、山口大学の先生たちが中心になって取り組んでいる「科学者集会in山口」という集会があって、参加してきました。原爆と原発事故の差異と共通点、被爆者援護の活動、東北の放射能汚染…福島県からの報告、憲法と集団的自衛権、岩国基地など多くのテーマで報告がありました。
昼休みの時間帯に“ゆだ苑”の展示を見に行く企画があったので参加しました。人口比で全国3番目に被爆者が多い山口県で、また、被爆者の高齢化が進む中で、地道に被爆者援護の活動をされていることに頭が下がる思いでした。
DSCN0172.jpgDSCN0178.jpg
DSCN0176.jpgDSCN0179.jpg
展示の中に「広島市の原爆被災範囲」というパネルがあって、私が学生時代に住んでいた福島町が爆心地から2キロメートルのところにあることがよくわかる地図でした。職員さんに許可をもらって写真に撮らせていただきました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。