記事一覧

ミサイル発射に抗議

八月二十九日、憲法共同センター・周南は、JR徳山駅前で「9の日宣伝」を行い、10名が参加しました。
 平和委員会の山本順次事務局長は「今朝、北朝鮮がミサイルを発射したことに抗議します。挑発の応酬はやめて、憲法9条を持つ日本が話し合いのテーブルを呼びかけましょう。安倍首相の憲法9条破壊は許されません」と訴えました。
 ビラを受け取る人が多く、「戦争法の廃止を求める署名」にも7人が応じてくれました。
 日本共産党の魚永智行市議も参加し、「戦後72年目の夏を迎えています。戦争はいやだ、平和憲法を守ろうの思いを署名に託してください」と呼びかけました。
IMG_3561.jpg
IMG_3610.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント