記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子どもの貧困問題を考える」セミナーに参加しました

五月二十八日、徳山保健センターで「子どもの問題」啓発セミナーが開かれました。テーマが「子どもの貧困」で、子ども食堂などの取り組みも紹介されるという記事を見て、参加してみました。  基調講演された堀江秀紀さんのお話は数多くの子供たちの出会いと支援の実践に基づくとても貴重なお話と感じました。特に、社会心理学的な背景として「一億『強迫性障害』の時代」の中での過剰適応の問題や児童虐待の背景にある経済的困窮、「ベースは『生活支援』」との指摘は本当にその通りだと思いました。取り組み事例を紹介された特定非営利活動法人の「LoveEco周南」や「山口せわやきネットワーク」の報告も「子どもの貧困」をなんとかしなくてはとの思いで真剣に取り組んでおられる様子が伝わって来て感心しました。意見交換の中では周南市の中村広忠こども健康部長が、市として「子どもの貧困」の実情を把握するための大規模な調査を行うことにしていると報告されました。「子どもの貧困」を生み出す原因や政治のあり方についてもっと詳しく勉強してみたいと刺激を受けたセミナーでした。
DSCN3049.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。