記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周南市戦没者追悼式に参列しました

五月十日、平成29年度周南市戦没者追悼式が開催されました。「先の大戦で亡くなられた方々に追悼の意を捧げ、世界の恒久平和を祈るために」と議員にも案内がありましたので、参列しました。一回目の徳山空襲があった日に合わせて開催しているということで、徳山空襲を記憶にとどめていくためにも大切な取組だと感じました。「平和への思いを新たにする」ということでは「二度と戦争はしない。戦力は持たない、使わない」と誓った平和憲法を次の世代に手渡していくために、今できることをしっかりやって行かなければと改めて考えました。
 遺族の会の会長さんが追悼の辞で話された徳山高校の前庭にある「久遠の碑」(くおんのひ)
を見に行ってきました。
DSCN3014.jpg
    碑文
 第二次世界大戦末期 昭和二十年五月十日の大空襲の際 勤労動員学徒として折から第三海軍燃料廠において作業中のわれらが友 徳山中学校四年生 岡田公男  金窪浩一 三浦 博 宮崎 求の四君は 米軍爆撃機B29の投下した二百五十キロ爆弾の直撃にあい あえなくもその尊い生命を失った
 われらとしてはこれらなき友の忘れられようとしていることに耐えられず 四君のみ霊永遠に安かれと祈念しつつ ここに久遠の碑を建立する
昭和四十八年五月十日 山口県立徳山中学校     第四十六期・第四十七期 同期生一同
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。