記事一覧

「マルクスと友達になろう」学習会

若い人達が自信と確信を持って活動に参加してもらえるよう『学習』も大切だということで、青年支部の人達と不破哲三さんの講演記録『マルクスと友達になろう』を読み始めました。目次の大項目は次の八つです。
1、なぜ、今、マルクスか?
2、マルクスの理論は世界の常識になりつつある
3、経済学。「利潤第一主義」が資本主義経済の推進力だ
4、マルクスの目で、現代の日本と世界の現実問題を見てみよう
5、社会変革。生産活動を人間の社会のための活動という本来の姿に取り戻す
6、マルクスの革命論。多数者革命と民主共和制
7、日本共産党の革命理論の基本
8、二一世紀は、日本でも世界でも、歴史的な大激動の世紀となる
 五月初めの連休に「マルクス、エンゲルスの青年時代」という本を読みました。「今の時代をどう生きるか」参考になります。若い人達にも紹介しようと思っています。
DSCN3000.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント