記事一覧

「共謀罪は凶暴罪?」憲法を考える集いであいさつ

 五月三日、徳山保健センターで、「平和・民主・革新の日本をめざす周南の会」(周南革新懇)主催の「憲法を考える集い」が開かれました。前日に「開会のあいさつをしてくれ」と言われて困りましたが、五月一日に安倍首相が「憲法改正に向かって歴史的な一歩を踏み出す」と改憲への異常な執念を見せた発言をしたことと「共謀罪」は市民に襲いかかってくる「凶暴罪」でないか、講師の話もしっかり聞いて考えてみましょうということを述べてあいさつにしました。
「共謀罪は凶暴罪?」というのはみなさんにピンと来なかったかなと思っていたところ、五月六日のしんぶん「赤旗」読者の広場欄に私と同じ考えの方が投稿しておられて、元気づけられましたので、紹介します。
DSCN3003.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント