記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月定例会最終日の討論

三月十五日、三月定例会の最終日、新年度予算等についての討論、採決が行われ、私は以下のような討論を行いました。

〈議案第39号に対する賛成討論〉
 私は、日本共産党議員団を代表して、議案第39号の修正案に賛成し、あわせて、修正部分を除く原案にも賛成する意見を述べます。
 修正案に賛成の理由は「しゅうニャン市プロジェクト」に税金を使うべきではないとの立場からこの部分の予算を削除する修正案に賛成します。
 また修正部分を除く原案については、百十億円を超える豪華な市庁舎の建設や自治体クラウド、ツタヤの図書館、立地適正化計画、(仮称)西部地区学校給食センター建設をPFI方式で進めようとするなど、問題点もありますが、今回は、修正案に賛成する立場でありますので、修正部分を除く原案にも賛成をいたします。

〈議案第40号から71号に対する反対討論〉
 私は、日本共産党議員団を代表して、議案第40号、議案第42号、議案第43号、議案第53号、議案第55号、議案第56号、について反対の意見を述べます。

 まず、議案第40号、平成29年度周南市国民健康保険特別会計予算については、国からの財政支援で28年度末には十億円の基金を保有しており、保険料の引き下げを行うべきです。また、70歳以上の外来療養の高額療養費の自己負担限度額の引き上げは認められません。

議案第42号、平成29年度周南市後期高齢者医療特別会計予算については、高額療養費の自己負担限度額の引き上げは認められません。

議案第43号、平成29年度周南市介護保険特別会計予算については、29年度から本市でも総合事業が始まりますが、これは要支援者の訪問介護と通所介護を保険から外し、自治体に丸投げするもので、国の責任放棄であり、認められません。また、高額介護サービス費の見直しで、現役並みの所得のある方が居る世帯の利用者の上限額を三万七千二百円から四万四千四百円に、八月から引き上げる制度が新設されることについても反対します。

 議案第53号、周南市行政手続における特別の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例制定については、マイナンバーの利用範囲を拡大しようとするものであり、プライバシーの侵害や犯罪を招くおそれが増加することを指摘し、反対します。

 最後に、議案第55号、周南市市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、及び、議案第56号、周南市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例制定について、昨年十一月の臨時会で市長と議員の期末手当の引き上げについては、報酬審議会に諮るべきであることと、市の財政はきびしいとして、行財政改革を進めている市長と議員は自らの期末手当の引き上げをおこなうべきではないとの理由で反対をしましたが、今回も同じ理由で反対いたします。以上です。
DSCN2900.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。