記事一覧

12月議会、国会での論戦の成果も生かして

昨年、国会で「地方公務員の育児休業等に関する法律及び育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律」が成立したことを受けて、周南市でもこの法律に関わる条例の改正案が12月議会に提出されました。
 私は、しんぶん赤旗(11月25日付)で、山下芳生(やました よしき)参議院議員が「一般職の非常勤だけでなく、特別職、臨時職も対象にすべきだ」と指摘し、学童保育指導員でも育休を取れるようにした広島市の例を示して論戦したという記事を見ていたので、企画総務委員会の審議の中で「周南市においても非正規職員にも適用すべきだ」と質問し、担当者から「非正規職員については要綱で対応できるようにしたい」との回答がありました。今後も国会での論戦もよく研究して市議会での対応を 中身のあるものにしていきたいと思っています。
DSCN2767.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント