記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新庁舎建設工事の安全祈願祭に行きました

九月二十八日、新庁舎建設工事の安全祈願祭に出席しました。新庁舎については、延長140メートルものガラス張りのシビックプラットホームなどはやめて、建設費を節約するべきだと考え、予算には反対の立場で討論していますが、工事は安全第一で進めていただきたいとの思いで参加しました。
DSCN2581.jpg
あいにくの雨模様でテントの中での安全祈願祭となりました

予算決算員会で平成27年度決算の審査
10月3、4日と予算決算委員会で企画・総務員会関係の決算審査を行いました。
 私は、歳出で「市税等過誤納払戻金」が3億円を超えてあり、歳入では法人市民税の収入額が対前年比22.36%の減収となっている点について理由を問いました。担当課長からは「過年度分の法人市民税について税率の変更があったため」との説明でした。安倍政権が「成長志向の税制改革」といって大企業の法人税率を引き下げ、地方税法も改定して法人住民税を一部国税化したことが周南市にとっても大変な税収減となって現れていることが分かりました。また、「臨時財政対策債」について、周南市にとって必要な借金なのかと問い、担当課長から「平成13年度に創設された制度で、交付税財源に不足が生じた場合に国と地方が半分ずつ拠出する。元金については国が交付税措置してくれるもの。周南市にとっても必要なもの」との回答でしたが、これも最初から国が補助金なり交付金をつけてくれたら周南市が借金して事業を進めることもないであろうにと思いました。他には消防費で コンビナート企業へ立ち入っての検査の状況、市税徴収事務職員の時間外勤務手当が2千万円を超えていることについて勤務状況はどうか、職員のメンタルヘルスの状況はどうか等について問いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。