記事一覧

祝島島民の会の集会と県への申し入れに参加しました

山口県が中国電力に上関原発建設予定地の公有水面埋め立て免許の期間延長を許可したことで、7月5日、午前10時から県庁玄関前でおこなわれた上関原発を建てさせない祝島島民の会の抗議集会に参加しました。
午後3時からは日本共産党県議団が撤回を求める申し入れをするのに同席させていただきました。
私も発言しても良いと言われたので「今回、重要電源開発地点指定が有効であり、解除することはないとの確認が取れたことを許可の理由にしているが、そんなことは中電から報告がなくても県として分かっていたことではないのか?中電の報告を利用して県の責任をうまく逃れたというのが私の印象だがどうか?」と問いました。
周南市も上関原発建設予定地の一部が30キロ圏内に入ります。これからも大いに関心を持って取り組んで行きたいと思います。
DSCN2419.jpg DSCN2420.jpg
DSCN2427.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント