記事一覧

臨時・嘱託保育士労働組合の大会に参加しました

 六月三十日、周南市りんぽ労(臨時・嘱託保育士労働組合)の第五回定期大会が開かれました。
 活動報告の中で、市当局との交渉で周南合併前の給与表を示し、正規職員は賃上げが実施されたのに、非正規職員は十年にも及び賃上げがなかったことを追及して、再度の交渉で「人事院勧告に基づいて報酬の改定を行う」との回答を得て、時給五〇円の賃上げを実現したことや臨時休暇、産休・育休、通勤費相当額の支給などの面でも改善を勝ち取ってきたことなどが報告されました。 
 運動方針の中では「公立保育園再編整備計画」で民間委託が進められていることに触れ、「正規職員の減少により非正規職員の職務の責任は日々重くのしかかっています」と訴えています。
 私は「現場の声を聴きながら、またみなさんの粘り強い組合活動に学びながら、よりよい保育ができるよう一緒にがんばっていきます」と連帯の挨拶をしました。
ff37c8ef保育士1
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント