記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい電話2件

一件は2日(木曜日)、「清水町の○○じゃが、戦争法反対の署名、家族の分を書いたが、取りに来てくれるか」との電話。さっそく伺うと、「すぐ近くに事務所も出されて…、がんばってくれ」と言われ、「下から上がってくる道の側の溝に蓋ができんじゃろうか。この前お年寄りが足を突っ込んでこけた」とのこと。署名と相談事をいっぺんにもらいました。溝の方は、写真を撮って市役所の担当課に相談を持ち掛けているところです。
DSCF0128.jpg
蓋かけの要望があった溝

もう一件は、今日、花畠町のNさんから、私の「周南の土砂が沖縄へ?辺野古の埋め立てに使わせたくない」の記事を見て、「記事を見て、うれしくなった。自分は環瀬戸内海会議の会員で、辺野古の埋め立てのために土砂を採取することの中止を求める署名を取り組んでいる。協力してくれますか?」との電話。環境団体の人たちと共同の取り組みしたかったので、すぐにお伺いして署名用紙をもらって帰りました。共同の輪を広げたい。
DSCF0136.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。