記事一覧

自民党の「日本国憲法改正草案」をぜひ読んでみて!

今開かれている国会で安倍首相が繰り返し「憲法を変える」と明言しています。まさに異常な事態です。
今朝のしんぶん「赤旗」に「九条の会」が抗議の緊急記者会見をしたとの記事がありました。作家の澤地久恵さんは「本当にいま命がけで明文改憲に反対しなければ、日本はもう一回、戦争する国になってしまう」と発言されたと報じられています。

安倍首相が言う明文改憲の中身は、一つは、戦力の不保持を規定した憲法9条2項を削除して「国防軍」をつくること。集団的自衛権の行使や国際貢献の名目での海外での武力行使の歯止めがなくなります。日本が海外で戦争する国になってしまいます。
自民党の改憲草案では「国防軍」の中に「審判所」=軍事法廷、軍法会議を置くことまで書いてあります。

もう一つは「緊急事態条項」を憲法に書き込んで、戒厳令を出す権限を内閣総理大臣に与えようとしています。「緊急事態」を口実にして超法規的に基本的人権を制限できるようにしたり国民に国家への服従義務を課すやり方はヒトラーと同じやり方です。

両方とも、自民党の「憲法改正草案」にはそれこそ「明文化」されていて、安倍首相をはじめ「憲法を変えよう」と言っている人たちの狙いがよくわかります。みなさん、是非一度自民党の「憲法改正草案」を読んでみられることをおすすめします。日本共産党中央員会出版局が出しているパンフレット「全批判自民党改憲案」には自民党の改憲草案の全文が資料として載っています。ご連絡いただければお届けします。ご活用ください。一冊200円です。

DSCN1793.jpg DSCN1794.jpg
DSCN1791.jpg DSCN1792.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント