記事一覧

下松空襲の犠牲者慰霊と講演会

下松市の曹洞宗慶雲寺で下松空襲の犠牲者を慰霊する法要があり、参加してきました。法要のあと元徳山高専教授の工藤洋三さんの「米軍資料から見た下松空襲」と題しての講演ありました。徳山の空襲については「徳山空襲を記録する会」のお手伝いをしたこともあり、少しは知っているつもりでしたが、下松や光の空襲のことは初めて聞くことばかりで、大変勉強になりました。会のあと、子供の時(国民学校4年生)下松の空襲にあった方から「夜、恋ヶ浜の方から豊井の山の方へ逃げた、今でもその時の恐ろしかったことを夢に見る」との話を聞くことができました。戦争経験者、空襲被害の体験者が言われる「戦争だけはやってはならん」との思いを共有したいと思います。DSCF0121.jpgDSCF0117.jpgDSCF0120.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント