記事一覧

大島で“市政懇談会”のチラシ配り

一軒一軒チラシを配っていると、その地域の雰囲気がなんとなくわかってくるような気がします。
すれ違う人が「何配りよっての?」と聞かれるので「大島公民館でみなさんの話を聞かせてもらう会を開くので、ご案内に歩きよるんです」というと「まあ、ご苦労さん、がんばってね」と言われました。
もう一軒、庭先で野菜の泥を落としていた方とも話ができました。
お店屋さんで「車がものすごいスピードを出して通るので通学の時とか子供たちが事故に遭わんにゃぁええが…」というと、「ここは信号もなんもないからね。大島小学校がなくなって、あの辺の子供はタクシーで乗り合わせて来るようになっている。中学生は自転車じゃけどね」と教えてくれました。

海岸で護岸工事をしているのと、どこのお宅も山の急斜面に建っているので、「海と山か…」と思って、支所によって鼓南地区の「津波ハザードマップ」と「土砂災害ハザードマップ」をもらってきました。
今、市役所からもお年寄りに「災害の時の避難についてのアンケート」というのが郵送されていて、一人で避難できるかどうか、どんな手助けが必要かなどを回答して返送するようになっています。地区の町内会やコミュニティで活動されている方のご意見を聞いてみたいなぁと思っています。
DSCN1386.jpg DSCN1388.jpg

DSCN1358.jpg DSCN1360.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント