記事一覧

周南でも「戦争法廃止を求める2000万人署名」スタート

午前中、山口で会議。
夕方、4時30分から徳山駅前で「9の日宣伝」。周南でも“戦争させない・9条壊すな総がかり行動実行員会”が呼びかけている「2000万人署名」をスタートさせました。約40分間の行動で、9人が参加、署名は18筆でした。
私も署名板を持って立っていましたが、女性の方が署名をしながら「戦争はいけん。なんか政治がおかしい方に向いていますね」と言われるので、「本当にそうですよね」と返事をすると「私はね…」と話をされます。
小学一年の時、父が出征するのをこの徳山駅で見送った。なんで万歳するのかわからなかったけど、みんなで万歳した。
父は戦死して白木の箱が届いたがその中に遺骨はなく、名前を書いた紙が入っていただけだった。
生活のために母の実家がある萩に疎開したが私と弟を育てるために母はずいぶん苦労した。
広島の造幣局に就職して、原爆の被害を見たり聞いたりして、心を痛めた。
今の政治の雲行きを見ていると、自分の子供や孫が戦争に行かされるような気がして恐ろしい。自衛隊の人が行かされて、その次は今の若い人が行かされる。そんなことにならんように、がんばってください。という内容のお話でした。
少し長い立ち話になりましたが貴重なお話を聞くことができました。
DSCN1180.jpg DSCN1181.jpg
写真は今日配った「2000万人署名」を呼びかけるチラシと署名用紙。
ネット署名もできます。「総がかり行動」で検索してみてください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント