記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憲法25条の会」も作りたい

留守だったお宅のポストに後援会リーフレットを入れて帰ったら、昨日、返信用はがきに「いつもお世話になります。姉は大腿部の骨折で車いす生活です。今は老健施設○○に入居中です。魚永さんを応援すると申しております」と弟さんからの手紙が書いてありました。応援していただける方の中には高齢の方も多く、病気や怪我で困っておられる方もたくさんおられます。

先日も訪問先で、男性の方が「家内が入院して4か月目になるが、もう病院を二つ替わった。病院が長く置いてくれん。替わるたびにお金がいる」と言われるので「今はどこですか」と聞くと、「医師会病院」と。「医師会病院は長く居させてくれるでしょう」と言うと「3か月くらいは置いてくれるらしい。その先がどうなるか不安」「どうで安倍さんはあねーに人気がええんか?わたしらにとっちゃぁええことは一つもない。安倍さんになってから年金は下がる、税金(消費税のこと)は上がる。戦争をしたこともない人が戦争するようなことをする」と言われます。
患者さんの入院が長くなればなるほど、病院に支払われる診療報酬の単価が下がっていくという世界にも例のない制度が入院患者の「追い出し」の大きな原因です。誰もが人間らしい生活ができるようにするのが政治の最優先の仕事。戦争は最大の生存権の否定。
「憲法9条の会」と同じように「憲法25条の会」も作りたい!
DSCN0758.jpg DSCN0754.jpg
写真は憲法第25条の条文と徳山医師会病院
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。