記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEALDs(シールズ)に共感と期待

戦争法案は廃案に!の運動の中心を担っているSAELDs(シールズ)が「自由と民主主義のための学生緊急行動」として立ち上がったことに共感しています。
私が学生時代に、日本共産党に入ってもいいなと思ったきっかけの一つが「自由と民主主義の宣言」というパンフレットを読んだことでした。3つの自由=生存の自由、市民的政治的自由、民族の自由と民主主義の花開く日本を展望して、そのための働き手になろうと決意した時のことを思い出しました。
平和憲法の下で自由と民主主義を守り、発展させようと、多くの若者が立ち上がり、自分の言葉で語っていることに希望を感じています。
シールズのラップ調のコールが全国に広がっていますが、私の一番好きなフレーズは「民主主義ってなんだ?」「これだ!」っていう分です。
先日、事務所で藤井直子さんが「周南でもOLDs=オールズをつくろうかしら」と言っていました。私もシールズは無理だけどオールズの一員としてはがんばれそうです。
DSCN0732.jpg DSCN0734.jpg
9月7日付のしんぶん「赤旗」(左)     古いパンフレット開いてみました(右)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。