FC2ブログ

記事一覧

建国記念の日を考える集いに40名参加

二月十一日、周南革新懇は、保健センターで、「建国記念の日」を考える集いを開き、元高校教師の山根勝さんが、「中国をどう見たらいいか?」と題して講演を行いました。会場の5人の方から、中国についての質問がありました。 日本に住んで16年の中国人女性が、小さい子ども連れで参加し、「日本で原爆投下の八月六日を忘れてはならない記念日にしているように、中国で日本侵略の日を意識するのは、歴史に学ぶことであり、今の...

続きを読む

「上関原発をとめるために」の学習会に参加しました

二月十八日、徳山保健センターで、原発いらん!山口ネットワーク主催の学習会が開かれました。「漁民が補償金を受け取らない限り着工は出来ない」とのチラシの言葉に興味をそそられ、参加してみました。 講師の明治学院大学、熊本一規教授のお話は、「漁業法上の漁業権」と「慣習に基づく漁業権」の説明から始まって、公有水面埋立法の解釈についての国会答弁の紹介、補償金を受け取らないことで漁民、住民が埋め立て工事を止めた...

続きを読む

鹿野でミニコン開催しました

二月十七日、周南市議会・公共施設再配置及び新庁舎建設に関する特別委員会のメンバーで鹿野地区の公共施設の視察を行った後、地元の方々との「ミニ懇談会」を開きました。 懇談会の中では総合支所を建て替える場所について、「今の場所は歴史と伝統があり、町の中心である。役所が他の場所に移ると山銀の撤退が心配される」と現在地での建て替えを望む方と 「総合支所はコアプラザかのの方に移して、現在の場所には観光拠点とな...

続きを読む

“ともしび”を読んで市に要望

NPO法人周南視覚障害者図書館が発行している冊子ともしびの45号に「賑わい交流施設内のバリアフリーの充実をお願いいたします。」との一文が掲載されていました。全文を紹介します。「平成30年春にオープンあま賑わい交流施設内に、点字ブロック・音声案内・点字表示の設置をお願いいたします。施設内に点字ブロックが設置してあれば、視覚障害者は一人で歩いて目的の場所まで、行く事が出来ますのでぜひ設置をお願いします...

続きを読む

周南市エコフェスタに行ってみました

2月4日、リサイクルプラザペガサス環境館開かれたエコフェスタに行ってみました。小さな子どもさんを連れたご夫婦や、親子でリサイクルキャンドル作りに挑戦している方など、若い方が多いのに感心しました。中古自転車の展示販売は好評で、私が見て回った時には相当数に「売約済み」の札が貼ってありました。天気も良く、みなさん穏やかな雰囲気で楽しんでおられたようです。私の目当ては水素燃料電池で走るごみ収集車で、職員の...

続きを読む