FC2ブログ

記事一覧

「声の日曜版」でうれしい感想

昨日、かなりの弱視で新聞が読めないと言っておられた方から私の自宅にお電話があり、家内が受けたのですが、「声の赤旗日曜版があると教えてもらって申し込んだ。毎週CDを送ってきてくれて、とても聞きやすい。ちょっと感想を魚永さんに伝えたくて…」という電話だっということで、今日訪問してみました。「とても聞きやすく、いろんなことががよくわかる」「あんなに安くていいのかと思って電話しました」と言われます。(月々65...

続きを読む

周南市美術展に行ってみました

昨日の新聞に周南市美術展の記事があって、入賞者の中に何人か知っている人のお名前がったので、今日、見に行ってきました。18日までは書と写真の展示ですが、大賞の立体作品「分裂」も展示されていました。入選者の作品も展示されていて、みなさん日ごろからよく腕を磨いておられるなぁと感心しました。久しぶりにゆったりした時間を過ごすことができました。一昨日から赤旗まつりのチラシと市政懇談会(みなさんの要望を聞かせ...

続きを読む

毎日新聞に「国民連合政府」の記事。志位さん登場。

今回の提案は記事に書かれているような、当面の「政権批判票を結集する」ということだけではなくて、戦争法案反対を通じて新しい段階に発展してきた国民運動、国民の意識の変化、発展に政党として責任をもって応えていくという大切な意味があると私は思っています。志位さんもインタビュー記事の中で「これまでと同じ対応では国民への責任は果たせなくなる。共産党も変わらなければならない」と言っているとおりです。いろんな形で...

続きを読む

匿名の激励ハガキいただきました

後援会申込ハガキに「ご意見、ご要望」の欄がありますが、写真のような激励の文章が書いてありました。ありがとうございます。みなさんの声を寄せ集めて世論を高め、広げて、安倍政権を退陣に追い込んで行きましょう。そのためにも野党がまとまって、国政選挙でも協力して安倍政権に代わる新しい政権を打ち立てる。国民のための連合政府を作るという大目標で一致して頑張ることが求められています。中国新聞に島根原発での「中国電...

続きを読む

赤旗まつりのご案内で訪問

赤旗まつりの案内チラシをもって訪問しながら、しんぶん赤旗の購読や共産党への入党のお勧めをして歩きました。女性の方が「いま共産党が伸びんといけんよね。足が悪くて何もできんけど、入って応援しましょう」と入党していただきました。...

続きを読む

10月24日 上関にあつまろう!

現在、上関原発の建設予定地の埋め立て工事はストップしています。本来であれば中国電力の公有水面埋立免許の延長申請は「公有水面埋立法上の正当な事由がない」ということで認められず、不許可になるはずのものですが、県が判断を先送りし、上関原発の建設計画に固執する中電に建設工事着手の機会を与えようと時間稼ぎをしているとの批判が高まり、県の姿勢をめぐって裁判になっています。東京電力福島第一原発の事故に学び、原発...

続きを読む

大津島の紙芝居“チラシ”作りました

午前中は「9の日宣伝」。今日は参加者が少なく、5人での行動でした。11人の方が署名してくださいましたが、そのうち5人が私の知り合いという、偶然というか、運動の幅の狭さを物語っているというか、考えさせられた行動でした。午後、11月3日の赤旗まつりで大津島出身の方が紙芝居をするということで、そのチラシを作ってみました。これから日曜版を配って、夕方時間があれば宣伝カーを走らせましょう。...

続きを読む

山口県赤旗まつりニュースNo.1できました

中央弁士は紙 智子参議院議員。午後からの文化行事の出演者もほぼ決まりました。まつりの最後に餅まきもする予定です。みなさん、ぜひおいでください。今日は水曜日で“街宣の日”。宣伝カーを走らせながら、櫛浜、中央、今宿の地域で3回ずつ、計9回マイク宣伝しました。...

続きを読む

干し柿(吊るし柿)作ります

柿をたくさんもらったので、干し柿にして赤旗まつりで売ろうということになりました。約1か月間あるので、間に合うと思います。10月4日に愛知県小牧市で行なわれた「ツタヤの図書館」の是非を問う住民投票では反対が賛成を上回りました。山下史守朗市長も「結果については真摯に受け止めたい。その上で、現計画が具体的にどう問題だったのか市民を交えて検証し、必要に応じて見直したい」と述べたと毎日新聞の記事にありました...

続きを読む

「これからの地域づくり」講演会に行ってみました

私も11月に市政懇談会=「地域のみなさんのご要望を聞かせていただく会」を開く予定にしているので『これからの地域づくりに求められるもの』という講演テーマに惹かれて、講演会に参加してみました。会場は学び・交流プラザの多目的ホールでした。講師は高崎経済大学 地域政策学部の櫻井 常矢教授。「これからの」という意味は「高齢化・人口急減期に入った時代の」という意味ですとの説明から始まって、主に自治会活動の進め...

続きを読む