FC2ブログ

記事一覧

赤旗まつりの会場下見と“蟹工船”の舞台片づけ

今年の山口県赤旗まつりは周南でやろうという話があって、適当な会場があるかどうか、思いつくところを何か所か回ってみました。日程との関係もありますが、おそらくお引き受けできると思います。みなさんのご協力をよろしくお願いします。夕方4時半からは市民劇場の“蟹工船”の舞台の片づけを手伝いました。大道具や照明さんだけでなく、若手の俳優さんたちとも一緒に搬入、搬出をしながら舞台の裏側ものぞけるという、市民劇場な...

続きを読む

日本共産党の3議席実現にむかって、がんばります!

来年5月の周南市議選に立候補を予定している3人で写真を撮りました。周南市議会の中で、会派として議案提出権を持つためにも、議会運営にかかわる大切なことを決める議会運営委員会に委員を送るためにも、どうしても3人の議員団が必要です。3議席実現にむかって、がんばります!周南市役所前で、右から渡辺君江さん、中村ふみ子さん、魚永智行です...

続きを読む

原発つながりでもう1話

今朝の中国新聞としんぶん「赤旗」に、中国電力が島根原発の低レベル放射性廃棄物の処理をめぐる虚偽記録問題=検査していないのに検査したかのように記録を偽造、ねつ造していたことについての記事が載っていました。原子力規制委員会の委員からも「偽装工作だ」「ねつ造はあってはならない」との意見が出たそうですが、私の感覚からいえば、これは国民に対する犯罪、少なくとも犯罪的行為です。こんな会社が上関原発を作ることに...

続きを読む

これは知らなかった。日本の原爆開発

8月3日付の山口新聞に、第二次世界大戦中、日本の原爆開発のためのウラン鉱石の採掘に中学生が動員されていたという記事がありました。日本の原爆開発については、軍部が秘密裡に進めていて、湯川秀樹博士も関わらされていたということくらいしか知りませんが、今、原子力発電=原発に固執する人たちの中に、「将来日本も核兵器を持つべきだ。そのために核の技術もプルトニウムも必要だ」という考えがあるということも伝えられて...

続きを読む

原水爆禁止世界大会―広島の開会総会に行ってきました

今年は被爆70年の節目の年ということで、広島と長崎の両方で世界大会が開かれます。広島大会は今日から3日間、長崎大会は7,8,9の3日間です。開会総会では海外代表や各団体、地域からの報告など、どのスピーチも素晴らしかったですが、中でも日本被団協の坪井 直(つぼい すなお)さんの被爆体験から核廃絶を願う話(写真)と俳優の宝田 明さんの映画「ゴジラ」が原水爆の開発競争に対する警鐘を鳴らすものとして作られたと...

続きを読む

読んで良かった。『永遠平和のために』復刊版

池内 紀(いけうち おさむ)さん訳のカント『永遠平和のために』が集英社から復刊されたという書評記事を見つけて、宮脇書店で買って読んでみました。装丁のカバーにも「16歳からの平和論」とあるように分かりやすい口語訳で、しかも「カントの言葉」が写真付きで編集されていて、これで1300円(税別)は安い!内容も、池内さん自身が解説の中に書かれているように「210年前に書かれたとはとても思えない。…いたるところに...

続きを読む

大浦で街頭宣伝

午前中、「戦争法案を廃案に」のCDを流しながら宣伝カーを走らせて、途中で立ち止まってマイク宣伝。奈切から大浦まで走って、大浦でもマイク宣伝をしました。軒数は10軒くらいしかないけれども、応援してくれるお宅もあるので、その家の人が聴いていてくれたらいいなぁと思いながらしゃべりました。蛇島(さしま)との距離感が近く、櫛ヶ浜の港から見るよりも、ぐんと迫ってくる感じがありました。夕方は訪問活動、二人の方がしん...

続きを読む

被爆者支援センター“ゆだ苑”に行ってきました

広島と長崎で開かれる原水爆禁止世界大会に連帯して、山口大学の先生たちが中心になって取り組んでいる「科学者集会in山口」という集会があって、参加してきました。原爆と原発事故の差異と共通点、被爆者援護の活動、東北の放射能汚染…福島県からの報告、憲法と集団的自衛権、岩国基地など多くのテーマで報告がありました。昼休みの時間帯に“ゆだ苑”の展示を見に行く企画があったので参加しました。人口比で全国3番目に被爆者...

続きを読む