記事一覧

新庁舎建設事業の進捗状況と4月度の工事監理等について特別委員会で報告

5月21日、周南市議会・公共施設再配置及び新庁舎建設に関する特別委員会が開かれ、執行部から次のような報告がありました。①新庁舎建設に関する市内業者の活用状況については5月21日時点で、一次下請と二次下請あわせて223社中市内業者は62社で、市内業者占有率は28%である。②1期工事の進捗状況について、4月末の時点で、建築主体工事は83・2%、電気設備工事は90・0%、機械設備工事は93・4%である。③基本工程に対し...

続きを読む

「徳山藩の明治維新」とても楽しく、勉強になりました

 5月12日、徳山保健センターで、徳山地方郷土史研究会の総会と明治維新150年記念特別講演会が開かれ、「徳山藩の明治維新」という演題に惹かれて参加してみました。講師の先生の肩書に「幕末長州科学技術史研究会会長」とあったことにも興味がわきました。 講師の樹下明紀先生は山口県図書館に勤務され、多くの市史、町史の編纂に関わり、旧新南陽市の市史の編纂もされたとのことでした。 先生のお話は、幕末の長州藩で藩の...

続きを読む

6月議会での一般質問項目

魚永智行市議の一般質問項目 質問は5月29日(火)4番目1. 人・農地プランについて(1) 本市における策定状況はどうか。(2) 後継者対策や遊休農地の活用をさらに推進するために、農業委員や農地利用最適化推進委員との連携を強めることが有効であると思うがどうか。2. 周南市高齢者プランについて(1) 昨年、地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律が成立、公布された。また、介護報酬も改定されて...

続きを読む

くまげの美術室に行ってみました

熊毛中学校で空き教室を利用して美術室をつくり、子供たちに本物の芸術を身近に感じてもらおうという取組が始まっています。第1回目が河村純一郎さんの作品展で、トークも聴けるということで、行ってきました。自分のやりたいことを、まっすぐに、自由に生きることと、社会の中で生活していくために苦労してきたこととの両方を、中学生に優しい語り口で、自然体で語っておられたのがとても良かったです。...

続きを読む

「周南市高齢者プラン」が配付されました

執行部からの情報提供として各議員に今年3月に策定した「周南市高齢者プラン」が配付されました。 計画の期間は「団塊の世代が75歳以上となる平成37(2025)年度を見据えた、平成30(2018)年度から平成32(2020)年度までの3年間としています。 高齢者プランの基本理念は、「住み慣れた地域で『共に』支え合うまちづくり」とし、基本目標を「共に支え合い、共に助け合い、共に分かち合い、高齢者が住み慣れた地域...

続きを読む